破壊事故をなくすには

日々のニュースで目にしない日はないと言えるほど破壊事故は多発しています。
多くは、地震、水害、台風など自然災害あるいは人的ミスに起因する破壊ですが、全ての構造物、機械、設備などは通常の使い方をしていても、長期の使用によって劣化損傷し、破壊に至ることがあります。
多くの人々に、劣化損傷について知っていただくことが、世界の安心安全と構造物の寿命延伸によるSDGsへの貢献をもたらすと考え、構造物・機械・設備においてどのような劣化損傷が起こるのかを提示し、材料の使用条件による劣化損傷を予知するための破壊予知AI(FPAI)を開発しました。

まずはこちらをご覧下さい。

  • 破壊予知AI Class 1「構造物・機械・設備における劣化損傷」はこちら
  • 破壊予知AI Class 2「材料と使用条件による劣化損傷の予知」はこちら